本文へスキップ

愛知県名古屋市 六番町。入れ歯専門の歯科医がいる 山中歯科医院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.052-652-2804

〒456-0058 名古屋市熱田区六番二丁目1-27

院内設備よくある質問

Q:入れ歯は痛くないですか?
:痛くない入れ歯を作ることはできます。

痛い入れ歯の一番の原因はなんでしょう?
「痛くなくしっかり噛める入れ歯」は、均一で適正な圧が粘膜にかかるように入れ歯の内面の形が合っており(型を採る時がかなり重要になります。)、入れ歯の大きさも大きくもなく小さくもない形で、歯の並べ方を熟慮し、噛み合わせも左右差なく並べることで患者様のお口の中にピッタリと合った状態にすることが大切なのです。
今の入れ歯が痛い場合は、痛い理由をしっかり見極める必要があります


Q:入れ歯がすぐに外れてしまうのですが?
:外れにくい入れ歯をつくることができます。

何もしていないときは口の中に収まってまっているのに、口を開けたり、ものを噛んだ時に入れ歯が落ちたり浮いたりしてしまうことが多いですが、義歯を作成するときに筋肉の動きや、正しい噛み合わせを入れ歯にトレースすることで、大半の問題は解決することができます。

Q:入れ歯は話にくくないですか?
:初めのうちは話しにくい場合もありますが、発声練習で克服することができます。

まずは入れ歯になれていただくことが大切です。しかし長く使っているのに喋りにくい場合は、入れ歯の厚みや形が不適切な場合があります。生体に調和した形を義歯が持っていれば、その悩みの大半は改善されます。

Q:入れ歯を入れた顔が昔と変わっているように感じます。
:患者さんに合わせた自然な歯並びや歯ぐきの膨らみを形成できます。

歯がある時代の、患者さんが若く口元にまだご自身の歯があるときの写真を拝見しながら人工歯を並べるなど、患者さんに合ったオーダーメイドの歯並びを提供することができます。細かな歯並びの注文もお受けすることができますので、作製途中でご相談させていただくことができます。

Q:入れ歯を入れていると吐き気がしてしまいます。
:吐き気の原因は「合っていない入れ歯」です。

そのひとのお口の形にあった入れ歯なら吐き気は起きません。以前は吐き気が出なかったのに最近になって吐き気を催すようになってしまった場合には、入れ歯の噛み合わせや形が変わってしまい、お口の中の敏感なところを喋ったり飲み込んだりするときに刺激してしまっているのかも知れません。

Q:入れ歯だと味覚が落ちてしまうのですが?
:味や温度を損ねない入れ歯を作ることができます。

口の中の粘膜を覆うことで、食べ物の味覚が一部シャットアウトされてしまうことは事実です。しかし金属製の入れ歯は保険の一般的な入れ歯より厚みが圧倒的に薄く、熱伝導率も良いため温かいものや冷たいものの温度を敏感に察知することができます。いわゆる「のど越し」を手に入れることができます。

Q:保険はききますか?
:保険適応の義歯も作成できますがお求めになっている結果を出せないことがあります。

どうしても保険診療内で材料費のコストが制限されているため、思うような結果が出ないときもあります。自費治療でお作りになった義歯を使用中の方で、保険診療で作られた義歯を再度選択される方が、まずいらっしゃらないのは使用感の違いからでしょう。

Q:入れ歯をうっかり紛失してしまった場合はどうなりますか?
入れ歯そのものが無くなってしまった場合は一切の保証はできかねますので、くれぐれも紛失にはご注意ください。また、ご自身で削って調整された場合も保証を受けられなくなりますので絶対に自分で調整しないでください


Yamanaka Dental Clinic入れ歯の専門医がいる歯医者 山中歯科医院

〒456-0058
名古屋市熱田区六番二丁目1-27
TEL 052-652-2804